日本語 arrow_drop_down arrow_drop_up

チケット

  • 販売期間終了

うたパス presents JAZZ EXPERIMENT

03.14 (Thu) ~ 03.14 (Thu) @ NOS EBISU place 前売りチケット 販売終了
イベント詳細open_in_newkeyboard_arrow_down

販売期間終了 / 前売りチケット

販売期間が終了しました。

購入済みの場合、ZAIKOにログインして下さい。

購入

うたパス presents JAZZ EXPERIMENT

with support from EPISTROPH

  • 03.14 (Thu) ~ 03.14 (Thu) / DOOR: 19:00 START: 19:00 ~ 23:00
  • Jazz
  • N'Dea Davenport松浦俊夫Mitsu the BeatsWONKタブゾンビjinmenusagi呂布

ニューオリンズにて誕生し、すでに100年以上の歴史を誇る「ジャズ」。スウィング、ビバップ、モダンジャズ、フュージョン、ラテンジャズ、ジャズファンクなど、長い歴史の中でそのスタイルを様々な形に変化させ、進化してきた。
そんな歴史あるジャズという音楽は、80年代にロンドンにて始まった「アシッドジャズ」によって、クラブミュージックと強く結びつきDJのGilles Petersonらが中心となって「ジャズで踊る」という新たなムーブメントを作り出した。
一方、アメリカでは「ヒップホップ」がジャズをその内側に取り込むことで、その音楽性を急速に洗練させていった。最も偉大なヒップホップ・グループの一つ、A Tribe Called Questはヒップホップとジャズを融合させた先駆者として知られている。
クラブミュージックとしてジャズを体験したり、あるいはA Tribe Called Questに代表される、ジャズを融合したヒップホップを聴いて育った若者たちは、彼らの得たジャズの影響を自らの音楽の中に素直に表現し、新たなサウンドを作っていくようになる。南ロンドンを中心とした今のUKジャズの盛り上がりは、明らかにアシッドジャズの流れを継承したものであり、現在進行形のアメリカのジャズシーンを牽引するロバート・グラスパーやカマシ・ワシントンのバックボーンにヒップホップがあるのは言うまでもなくジャズとヒップホップの繋がりはますます強まっている。
そういった現行のジャズやヒップホップシーンの流れは日本音楽シーンともリンクしており、その象徴的な存在が、ジャズ、ソウル、ヒップホップをクロスオーバーに取り入れたスタイルで人気を博しているバンド、WONKの所属レーベルでもあるEPISTROPHだ。

今回の『JAZZ EXPERIMENT』では、WONKのSAXプレイヤーである安藤康平のソロ・プロジェクト=MELRAWを軸に、若手実力派プレイヤーを中心に一夜限りのドリームバンド<"LIVE PASS JAZZ EXPERIMENT" SESSION BAND>を結成。ゲストアーティストとして、ジャズシーンからはSOIL&”PIMP”SESSIONのタブゾンビ、ヒップホップシーンからはJinmenusaji&Sweet William、KANDYTOWNのRyohu、さらにWONKの長塚健斗、ものんくるの吉田沙良など、若手を中心に注目度の高いアーティストが数多く参加し、EPISTRORHのレーベルショウケースが展開される。そして、スペシャルゲストとしては、80年代にアシッドジャズシーンの中心的存在でもあったグループ、The Brand New Heaviesのヴォーカル、N'Dea Davenportも登場。MELRAWによる現在進行形のジャズサウンドによって、The Brand New Heaviesの往年のヒット曲が蘇り、この『JAZZ EXPERIMENT』をさらにスペシャルに彩る。
なお、今回のショウケースはジャズ特有のスタイルである「セッション」が大きなテーマにもなっている。様々なアーティストが一つのステージに立ち、それぞれのスタイルをぶつけ合って融合させ、一つのグルーヴが生まれるセッションの美学。ジャズミュージシャンだけでなく、そこにヒップホップなど様々なジャンルのアーティストが加わることで、これまで誰も見たことの無い、特別なセッションがこのステージで展開されるに違いない。なお、ノベルティグッズとして、来場者にはマラカスが配られる予定で、オーディエンスも含めた全員参加型のライヴセッションをぜひご期待ください!

  • N'Dea Davenport
  • 松浦俊夫
  • Mitsu the Beats
  • WONK
  • タブゾンビ
  • jinmenusagi
  • 呂布
share 新規ウィンドウ